ブックハック - 電子書籍のある生活

好きな漫画や自作の漫画・イラストのブログです。

漫画『マロニエ王国の七人の騎士』2巻ネタバレレビュー!七人兄弟の秘密に迫る!

f:id:book-hack:20180615125610p:plain

そういえば、今週の日曜日(6月17日)は父の日ですね。

実家暮らしではないので何かをすぐにしてあげることはできないのですが、何か言葉だけは伝えようかなと思います。こういうのは照れくさいですねー!

 

今回は、漫画「マロニエ王国の七人の騎士」2巻のレビュー・感想です!

 

マロニエ王国の七人の騎士」前巻のあらすじ

マロニエ王国の女将軍の息子は、それぞれ特殊な体質をもつ7人兄弟でした。

長男・眠くないは、外交のために婚約者であるエレオノーラを連れて隣国の一つ「夜の長い国」に訪れることになりました。

ただし、「夜の長い国」の女王には怪しい考えがあるようで…。

book-hack.hateblo.jp

 ↑1巻詳細はコチラ

1巻はこのマンガがすごい!2018」にてオンナ編1位でした。話題になった作品ですね。

 

以降は6月8日に発売した2巻のネタバレを含みます。注意です!

book.dmm.com

 

2巻は…

2巻では、1巻よりも一層ファンタジーらしく話が進みました。「夜の長い国」での眠くないとエレオノーラ、2人の様子が描かれています。

1巻を読んだときには「眠くないとエレオノーラは女王たちに追われるようになるのかな…」と思っていましたが、まったく違う方向に話が進みました。

 

眠くないとエレオノーラ

1巻後半からメインに描かれている、眠くないとエレオノーラの2人。婚約者という間柄でありながらも、幼なじみであり家の付き合いから決まったものだということで2人の関係は恋愛感情が見えないあっさりしたものでした。

ですが、お互いに言葉足らずなのです。

エレオノーラは婚約にたいして、「自分を押し付けられた」眠くないに色々と思うところがあるようで、「夜の長い国」に来てからもずっと悩みっぱなしです。

エレオノーラはそれを眠くないに聞いてしまえばいいのに、それをしません。そして眠くないも、エレオノーラに肝心なことは言ってくれないのです。読者目線だと完全に両想いのこの二人…じれったいです!

2巻冒頭では、足湯をしつつ戯れる2人のほのぼのとした様子が描かれています。でもお互い素直になれず、言い合ったり足を踏んだりするのですが、もうすんごくほほえましいです。仲がいい…!!

2巻でもじわじわと進展があった2人の関係ですが、3巻ではさらに進みそうでドキドキしてます。

f:id:book-hack:20180615130044p:plain

 

7人兄弟の秘密

2巻後半では、「夜の長い国」を襲う何者かとの戦いがメインに描かれます。

精霊が出てきたり、その何者かも魔法のような能力を使ってきたりとファンタジーな展開が続きましたが、なんとその人物が「夜の長い国」を襲う理由が、「眠くない」なのです。

眠くないを狙って来たその人物からは、いろんな情報が出てきました。眠くないに対して「人間じゃない」だとか、「七つの力の一つ」だとか。

1巻からほんのり描かれていた「七人兄弟の特殊な能力」、これの手がかりがちょっこりと明かされてきました。わくわくします…!

どうやら襲ってきた人物は七人兄弟を求めていて、でも普段は兄弟が同じ場所にかたまっているから襲うことができず、今回眠くないだけが1人で行動したからと狙ってきたようでした。

七人兄弟にはどんな力があるのか、現れた人物は何者なのか…。これからどんどん盛り上がっていきそうです。

f:id:book-hack:20180615130103p:plain

 

2巻では、エレオノーラが襲ってきた人物に勝負を挑んだところで終わりました。

いやもう…エレオノーラかっこよすぎます…!!

戦う女子いいですね。でも完全に眠くないがヒロインポジションなのにはちょっと笑っちゃいます…笑

きっと3巻では眠くないのかっこいい活躍シーンもあるはず…期待してますよ!

f:id:book-hack:20180615130117p:plain

 

どうやらこの漫画「マロニエ王国の七人の騎士」ですが、長く続きそうな予感がしてます。楽しみですが、刊行ペースがゆっくりなのでじれったさもあって複雑…!!

早く3巻が読みたいです…!2巻もめちゃくちゃおもしろかった!

みなさんもぜひ読んでみてください!

 

このマンガがすごい!受賞作

book-hack.hateblo.jp

 「マロニエ王国の七人の騎士」と同じ「このマンガがすごい!2018」にてオンナ編9位を受賞した作品「大きい犬」もオススメですよ。

ほっこり笑える短編集ですが、感動しちゃう部分が多くて不思議な魅力があります。私はかなり好きなタイプの漫画でした。

ぜひあわせてどうぞ!

 

あんさんぶるスターズ!