ブックハック - 電子書籍のある生活

好きな漫画や自作の漫画・イラストのブログです。

漫画『遺書、公開。』2巻ネタバレレビュー!事件発生!?ドス黒展開のオンパレード!

f:id:book-hack:20180625123554p:plain

今私が一番楽しみにしていると言っても過言ではないサスペンス・ミステリー漫画の最新刊が出てました。読まなくては…!!

 

ということで、今回は漫画「遺書、公開。」第2巻のレビュー・感想です!

 

「遺書、公開。」前巻のあらすじ

クラスで一番の人気者である少女・姫山 椿が突然自殺し、悲しみに包まれる2-Dのクラスメイト。

そんなクラスメイト達全員の机には、姫山からの遺書が置いてありました。

クラス全員に一つずつあるそれを読み、発表することで「なぜ姫山が死んだのか」を突き止めようとしますが、遺書に記載されている内容は善意のようでいて、とんでもない悪意が秘められていて…?

↓1巻詳細はコチラ

book-hack.hateblo.jp

 

以降は2巻のネタバレを含みます!

遺書、公開。 2巻
序列1位の姫山が遺した、クラス全員分の「遺書」。感謝の「遺書」と思っていたクラスメイトだったが見方を変えると「恨み」や「嫉妬」にも取れる内容だった! さらに、女生徒が何者かに「遺...

 

2巻は…

1巻では2通の遺書が公開され、それによって2名のクラスメイトが糾弾されました。2巻ではどんな遺書が出てくるのかなとわくわくしてましたが、思っていた以上に黒い展開の目白押しでした…!!

 

事件発生

どんどんクラスの空気が暗く変わっていく中、クラスメイトの1人である少女・沢渡さんが自らの遺書について何者かに問いただし、なんとその遺書を奪われるという事態が発生しちゃいました。

そのときに沢渡さんが倒れる描写があったので、思わず死んだのかと思ってしまいました…笑 生きてました!転んで頭は打ってましたが。でもめちゃくちゃ衝撃的でしたね。ありえない展開だったわけではありませんが、この漫画のドス黒さを再認識しちゃいました…。

そこで話題に上がった「遺書は姫山が恨む誰かに宛てたもの」という説。そして、「姫山に恨まれている」覚えがあり、遺書を公開されたらまずいと考える人物がいるということ。

作中のセリフにもありましたが、協力から始めた遺書の公開会が、「犯人探し」へと変わってきました。不穏極まってます。

f:id:book-hack:20180625123618p:plain

 

第3の遺書公開

3通目の公開はなんと、姫山さんと付き合っていたクラス序列2位・赤崎くんがすることに。2巻の表紙も彼ですね。さわやかイケメンで姫山さんとも仲良くいい雰囲気だった彼が語る内容にはなにか含みがありそうで、無いようで…?

後押しするように4通目も発表され、「姫山の遺書に悪意はない」ということが強調されます。ただし、1人のクラスメイトにより赤崎くんと、4通目の遺書を公開した少女・茅野さんが「休日に一緒にいたところを見た」という証言が出て、事態は一変します。

……まあつまり、赤崎が浮気をしていたということですよね。

うっわあ黒い…!!この子達は中学生の若さでこんな関係・展開を迎えるのか……と思いきや、またもや騙されました。

この漫画、本当に証言が次々とひっくり返される…!読者をことごとく裏切ってきます。

浮気なんかよりさらにドス黒い展開が待っていました…!!!!

f:id:book-hack:20180625123631p:plain

 

廿日市と池永

1巻では物語の導入でいっぱいでしたが、この漫画の主人公である人物がはっきりしてきました。廿日市(はつかいち)という少女です。

1巻でも出てましたし、語り口ではありましたが2巻では廿日市の考えていることや、廿日市から見たクラスの様子が多く描かれています。さらに、物事を深く考えることが好きな廿日市の一言がクラスメイトを揺らがせたりも。

今後彼女がどう動くのか、そしてなにより、廿日市の遺書には何が書いてあるのか。

……気になります。

f:id:book-hack:20180625123653p:plain

 

2巻もおもしろかったです。というか、続きが気になってしかたないです…!!

ドス黒展開のピークで終わっちゃいました!え…!?この先どうなるの…!!

殺人のような黒さではなく、人の心理をつくような黒さ、読んでいて楽しいです。(楽しいと思っちゃう自分に黒さを感じる…)

まだまだ謎がいっぱいの「遺書、公開。」。これからどんな展開になっていくのか楽しみです!作者の陽東太郎さん、3巻をなにとぞ早めにお願いします…!!

みなさんもぜひ読んでみてください!

遺書、公開。 2巻
序列1位の姫山が遺した、クラス全員分の「遺書」。感謝の「遺書」と思っていたクラスメイトだったが見方を変えると「恨み」や「嫉妬」にも取れる内容だった! さらに、女生徒が何者かに「遺...

 

ギャグ+サスペンス?

book-hack.hateblo.jp

「ミギとダリ」は、ドス黒に疲れた心を癒してくれるような漫画です。

坂本ですが?」作者の最新作で相変わらずのギャグかと思いきや、ギャグの中に不穏なサスペンス展開が用意されてました。

ぜひあわせてチェックしてみてください!

 

あんさんぶるスターズ!