ブックハック - 電子書籍のある生活

好きな漫画や自作の漫画・イラストのブログです。

漫画『ドルメンX』ネタバレレビュー!宇宙人がアイドル目指して地球征服!【実写ドラマ・映画化】

f:id:book-hack:20180320161305p:plain

あったかくなったと思えばまたもや寒さが戻ってきましたね…!春とは…。

でも、今日の私は焼肉を食べるというすばらしい予定があるので元気です。

 

ということで今日も元気にレビューをしていきますよ!

今日はドラマ放送中で映画も控えるの漫画「ドルメンX」のレビューです!

 

「ドルメンX」とは

小学館の月刊誌「ヒバナ」にて掲載された高木ユーナさんの作品です。(ヒバナは刊行終了されています)

単行本は全4巻で完結しています。(4巻は単行本3巻分のボリュームみたいです…厚い!つまり実質は6巻…?)

志尊淳さんが主演で、現在TVドラマが放送中です。さらに、6月15日には実写映画も公開予定です。内容は、ドラマの物語に未来の内容が加わった完全版のようです。

地球を平和的に侵略しにきた宇宙人が、アイドルの頂点を目指す物語です。

 

これ以降はネタバレが含まれます!

ここまでで気になる人はぜひ立ち読みからどうぞ。

ドルメンX (1)
トップアイドルになれば、地球征服できんじゃね?ってことで、目指してみることにした隊長(クール系?リーダー)・イチイ(熱血系ムードメーカー)・ニイ(フェロモン系人気No.1)・サイ...

 

「ドルメンX」あらすじ

地球を征服しにやってきた宇宙人の隊長、イチイ、ニイ、サイ、ヨイの5人は、なんとかして地球を汚すことなく、戦争せずに侵略しようと画策する日々を送っていました。しかし、平和的に侵略するのは至難の技。悩む日々を送る宇宙人たちでしたが、5人の中で紅一点のヨイはアイドルに夢中になり、日々ライブ会場へと足を運んでいました。

そんなヨイの熱狂的な姿を見て、「地球でトップアイドルになったら地球侵略できるのでは?」と思いつく4人。

完璧な方法だと喜ぶ4人でしたが、ヨイは「今のみんなじゃトップアイドルになんてなれるわけない」と言ってきて…。

f:id:book-hack:20180320161316p:plain

 

役者・ファンの両方の気持ち

ちょっとマヌケな宇宙人達がトップアイドルを目指す物語…というと、なんだかギャグ漫画っぽく見えちゃいますよね。

実際に作中には笑えるポイントがたくさんあります。隊長はヨイのためにヨイが好きなアイドルのレアブロマイドを買ってあげちゃうし、キャラクターたちはハイテンションに会話するし、そもそも侵略方法について真面目に語っているのが面白いです。

でも、この漫画の本質は違うのです。

隊長達はアイドルを目指しますが、よく知りもせずになろうとします。まあわかると思いますが、芸能界ってそんな甘くないですよね…。本気でアイドルを追っかけているヨイはみんなをたしなめますし、実際にアイドルを目指すべく行動を始めた宇宙人達は過酷な現実に対面することになります。その表現がなんともいえないんです…!

キラキラしているのに、すごくつらい世界。そんな芸能界を、ファンの視点から、芸能界に関わる人の視点から見ることができる漫画なのです。

えげつないほど宇宙人たちは芸能界にうちのめされて、葛藤して、でも目指していくのですが…私からすると縁遠い芸能界の話であるのに、読んでいて「へーそうなのか」と納得するのではなく、「ああ…」と共感できる挫折が多いんですよね。

特に、周りから「かっこいい」と言われていたのにオーディションの一次審査を通過できず、他のメンバーは最終審査まで行ってしまった宇宙人・イチイの話には、胸が苦しくなりました。

キラキラした世界を、いろんな視点から真剣に取り組んでいる人たちのことを知れる漫画でした。

f:id:book-hack:20180320161338p:plain

 

独特の表現

作者の高木ユーナさんは、以前他の作品を読んだことがあったので知っている作者さんだったのですが、コアなファンがついているイメージがあります。

でも、それも納得できちゃうんですよ。高木ユーナさんの漫画は、ギャグとシリアスのバランスが奇怪なんですよね。

ちょっと前のコマで笑っていたキャラクターが、気がつくと目玉が落ちている。

ちょっと前のコマでギャグを言っていたキャラクターが、気づくと体がもげている…。

急にグロイんです。

作者さんの絵柄やタッチからグロさはあまり強くないですが、心理描写として描かれるグロいシーンはすごく衝撃的で、強く感情が伝わってきます。

他にも、キャラクターたちの語彙が少ないので、イケメンを「イケメン」「キラキラ」「強い」なんて表現するのですが、そのおかげで全体的に説明っぽさが無く、すごく読みやすくわかりやすい漫画になっています。

独特の表現ですが、その個性が作品の魅力にもなっている漫画でした。

f:id:book-hack:20180320161355p:plain

 

痛いほど感情が伝わってくる漫画でした。ちょっと感動してしまった…!

全体的にテンポが良くてサクサク読める漫画なので、みなさんもぜひ読んでみてください!何か熱中しているものがある人・夢を追いかけている人はすごく共感できるはずです。 

ドルメンX (1)
トップアイドルになれば、地球征服できんじゃね?ってことで、目指してみることにした隊長(クール系?リーダー)・イチイ(熱血系ムードメーカー)・ニイ(フェロモン系人気No.1)・サイ...