ブックハック - 電子書籍のある生活

好きな漫画や自作の漫画・イラストのブログです。

漫画『愛が死ぬのは君のせい』1巻ネタバレレビュー!明日消える…別人になった彼のためにできること

f:id:book-hack:20180525114600p:plain

5月ももう終わりが近づいてきました。

ツイッターで見かけて「なるほどたしかに…」と思ったのですが、今年の夏は「平成最後の夏」みたいです。なんだか切ない気持ちになりますね…。

平成最後の夏、何か特別な予定を立てたいものです…。

 

今日は漫画「愛が死ぬのは君のせい」の感想・レビューです!ちょっと気合を入れてレビューしていきますよ…!!

 

「愛が死ぬのは君のせい」とは

集英社「マーガレット」にて連載中の作品です。

作者は原作を鉄骨サロさん、作画を桃森ミヨシさんがそれぞれ担当されています。

単行本第1巻が5月25日に発売されました。

別人になってしまったヒーローと、どこまでもまっすぐな主人公の恋愛物語です。

 

これ以降はネタバレが含まれます!

ここまでで気になった人は立ち読みからどうぞ。

愛が死ぬのは君のせい 1
彼の中にいるのは誰? 幼い頃、幼馴染の一墨に告白したのにその答えをなぜか覚えていない愛生。再び告白しようと、思い出の秘密基地に一墨を呼び出すのだけれど、そこで目にしたのは一墨の信...

 

「愛が死ぬのは君のせい」あらすじ

高生一年生の間 愛生(はざま あおい)は幼なじみの逢沢 一墨(あいざわ いすみ)のことが昔からずっと好きでした。幼い頃にその気持ちを告白したこともありましたが、愛生はなぜか一番記憶に残るであろう一墨の返事を覚えていませんでした。

覚えていない告白の返事を聞きたい。そう決意した愛生は、6年前に告白をした場所、2人の秘密基地で待っていると一墨に手紙を残しました。

1人森の中の秘密基地で待つ愛生は、空から落ちてくる光の玉を見つけて…。

一墨だけど、一墨じゃない。とある出来事から別人になってしまった幼なじみに、愛生がしてあげられることは…。

f:id:book-hack:20180525114610p:plain

 

どこまでもまっすぐな主人公

主人公・愛生は、すごくエネルギッシュな少女です。ショートカットで笑顔が似合い、ちょっと右手の力が強いけど普通の少女。ただし、彼女のどこまでもまっすぐな性格はすごく主人公らしく、読者も驚かされるような決断力があります。

「明日自分は誰にも知られずに死ぬ」という状況下であっても泣くことはなく、明るくその日できることをやりきっちゃうような少女なのです。

ここまでいくと主人公に感情移入できないのでは?と思いますよね。実際、愛生に感情移入はあまりできません。考えてることが突飛すぎるので…笑

でもこの漫画、主人公に完全に感情移入して読む漫画ではないんですよね。どちらかと言うと、ヒーローである一墨に感情移入して読んじゃう漫画です。しかもこの一墨は、何者かに意識を乗っ取られている別人です。しかもこの人物、愛生を殺そうとする張本人、つまり悪役的なポジションです。なのに感情移入ができてしまう…。

これは本当に読んでみないとわからない説明になっているなあと自分でも思うんですが、愛生はヒロインっていうよりもヒーローです。かっこよすぎるんです。

そりゃヒーローがイケメンでモテモテでも愛生を好きになっちゃうわ…としみじみ感じますね。私も間違いなく惚れます。

f:id:book-hack:20180525114622p:plain

 

重いストーリーなのに少女漫画

ちょっと特殊な物語の今作、先ほども書きましたが、なんとヒーローが「何者か」に乗っ取られます。しかも人間じゃなさそうです。ヒーロー、主人公の体が裂ける表現があります。少女漫画なのに。

ジャンルでいうと学園ファンタジー少女漫画です。ファンタジーです。でも、ちゃんと少女漫画なのです。

話の展開で、ヒーロー・一墨が乗っ取られ、ヒロイン・愛生が自分の体を差し出して一墨を助けようとするんです。そして、愛生の体を要求したのは自分のくせに、一墨から奪った感情のせいで愛生にときめいてしまう「何者か」。(作中で「ワルツ」と名づけられます。名前の理由には笑いました)

人を思いやったり、誰かが好きだとかそういう感情に縁がなかった「何者か」は、いちいち愛生にときめいてしまい、愛生を無くしたくないと思うことに疑問をもって苦しみだすんですよ。ここがシリアスすぎずコメディタッチで描かれているのですが…。

状況を忘れてしまえば、完全に少女漫画です。

ここまででいろいろとシリアスな展開がありましたが、すべてを忘れてニヤニヤとしてしまいました。

…かと思いきや、1巻ラストで急展開を迎え、次巻のあらすじでめちゃくちゃ気になる展開が描かれていて…もう急にシリアスに戻してくるのやめてください!と理不尽に怒りがわきました。続きが気になりすぎます…。

f:id:book-hack:20180525114635p:plain

 

いやもうとにかく1巻が短かった…!!めちゃくちゃ引き込まれました。すんごくおもしろかった…。

作者さんの前作「菜の花の彼」がとても面白かったので新作にもめちゃくちゃ期待をしていたのですが、期待を裏切るどころか大幅に上回る面白さでした。

普通の少女漫画を読みなれている人は驚いちゃう内容になっていると思います。

とにかく読んで欲しい作品です。

ぜひぜひぜひ読んでみてください…!!

愛が死ぬのは君のせい 1
彼の中にいるのは誰? 幼い頃、幼馴染の一墨に告白したのにその答えをなぜか覚えていない愛生。再び告白しようと、思い出の秘密基地に一墨を呼び出すのだけれど、そこで目にしたのは一墨の信...

 

前作「菜の花の彼」もすごく面白いのでオススメです!

菜の花の彼―ナノカノカレ― 1
中学時代のトラウマがもとで素直に恋ができない菜乃花。でも街で男の子のやさしい言葉を耳にした菜乃花は思わず告白してしまいます。顔を見る前に―。恋に傷つき、恋に癒される、これは、そん...

普通のさわやか少女漫画にみせかけたドロドロ愛憎劇です。(ほめてます)

3画関係ものですが、キャラクターの暗い感情が絶妙に描かれてます。この作者タッグ、本当に感情を描くのが上手なんですよ…!作画も安定していて綺麗だし。

俺様系ヒーローに飽きた人にもオススメだと思います。

 

文豪とアルケミスト