ブックハック - 電子書籍のある生活

好きな漫画や自作の漫画・イラストのブログです。

漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』ネタバレレビュー!地下アイドルとオタクのすれ違い【アニメ化】

f:id:book-hack:20180522120943p:plain

好きな物にたいしての熱量って計り知れないですよね。

ということで、今回はタイトルだけでかなりのインパクトがある漫画「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の感想・レビューになります!

アニメ化が決定しましたが、とあるブログの企画記事で見かけたのもあって読んでみたかったんですよね…。

 

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」

徳間書店「月刊COMICリュウ」にて連載中の作品。(COMICリュウは休刊、連載はwebへ移行するようです)

通称「推し武道」。作者は平尾アウリさんで、単行本は現在4巻まで発売中です。

5月19日にアニメ化することが発表されました。

地下アイドルと、そのアイドルを追いかけるオタク女性の日々の物語です。

 

これ以降はネタバレが含まれます!

ここまでで気になった人はぜひ立ち読みからどうぞ。

推しが武道館いってくれたら死ぬ (1)
岡山県で活動するマイナー地下アイドル【ChamJam】の、内気で人見知りな人気最下位メンバー【舞菜(まいな)】に人生すべてを捧げて応援する熱狂的ファンがいる。収入は推しに貢ぐので...

 

「推しが武道館行ってくれたら死ぬ」あらすじ

偶然出会った地下アイドルのライブ。そこでアイドルユニット「ChamJam」に出会った女性は、気づけば常にジャージを身につけ、推しアイドルへと貢ぎまくるオタク・えりぴよとして、地下アイドルのライブへと向かう日々を送っていました。

でもえりぴよの推し・舞菜(まいな)はユニット内の人気最下位。唯一のファンと言われているえりぴよでしたが、舞菜はえりぴよにだけ塩対応でした。

「嫌われていてもいい」と舞菜を応援し続けるえりぴよでしたが、実は舞菜はえりぴよを嫌っているわけではなく…?

f:id:book-hack:20180522121704p:plain

 

えりぴよと舞菜のすれ違い

えりぴよは推しである舞菜の一番のファンだというのにも関わらず、その相手・舞菜には塩対応を受けています。握手会では笑顔を見せてくれず、そっけない態度。更にえりぴよ以外には神対応を披露している…。そんな状況でもさらに舞菜を追いかけるえりぴよは、一種の悟りを開いているような状態です。舞菜のためにお金をつぎ込んでいるというのに報われません。

…ですが、実はえりぴよは一番報われているのです。

実は舞菜はえりぴよのことをすごく気にしていて、本当はえりぴよのことが好きなのです。でも内気な性格のせいでそれを前面に出せず、えりぴよには誤解されっぱなし。

自らライブのチラシを配ったり握手会などの接触する機会が多かったりと、ファンとの距離が近い地下アイドルだからこその、独特な距離感が味わえます。

地下アイドルってすごいな…としみじみ感じました。ファンとめちゃくちゃ距離が近い…。

f:id:book-hack:20180522121809p:plain

 

とにかく女の子がかわいい

この漫画「推しが武道館いってくれたら死ぬ」ですが、とにかく登場する女の子がみんな可愛いです!

作者さんの画力がかなり高く、女の子はみんな目が大きくて髪がサラサラでまつげが細かくて手足が華奢で…とにかくかわいらしいです。表紙の時点でかわいい女の子を描く作者さんだなと思ってはいましたが、漫画を読むと画力の高さと安定感に驚きました。すごくかわいいです…。

もともと百合作品を数作か書かれていたようなので(というか今作にも百合要素はあるので)女の子の作画には力が入っているんだろうなと感じました。

主人公のえりぴよをはじめ、普通の女の子もかわいいというのに、アイドルの子達はよりいっそう可愛く感じれることに驚きます。とくに書き分けされているような感じではないのに、なんでだろう…。

f:id:book-hack:20180522121830p:plain

 

地下アイドルのオタクってこんな感じなのか…と驚くことも多く、新鮮に感じる場面、共感する場面とさまざまで面白かったです。

生身の人間を応援するって大変だな…。1巻の終盤でありましたが、推し・舞菜とえりぴよは偶然一緒の電車に乗ってしまいます。

日常生活の中で自分が崇拝している存在と出会うってどういう感覚なんでしょう…。どんな気持ちになるのか不思議でいっぱいでした。

人気アイドルとファンの交流・恋愛を描いた物語ではなく、地下アイドルとオタクの物語だからこその新鮮な面白さが詰まった作品でした。アイドルオタクにもいろんな人種が居るということを知れたのも良かったです。

 

何かに熱中しているという人なら間違いなく楽しめる物語です。百合風味が漂ってはいますが、メインはアイドルとそのアイドルを追いかけるオタクの日々や葛藤なので百合が好きでは無い人でも問題なく読めるかと思います。(アイドルユニットの中にカップルがいそうなので、そこが問題なければですが…!)

みなさんもぜひ読んでみてください!

推しが武道館いってくれたら死ぬ (1)
岡山県で活動するマイナー地下アイドル【ChamJam】の、内気で人見知りな人気最下位メンバー【舞菜(まいな)】に人生すべてを捧げて応援する熱狂的ファンがいる。収入は推しに貢ぐので...

 

 装甲娘