アニメ好評放送中!実写映画も決定した『恋と嘘』のあらすじ紹介

f:id:book-hack:20170726145517p:plain

現在アニメ放送中、そして実写映画も決定している作品「恋と嘘」。

今回はこの作品に手を出してみました。

 

男主人公に女の子が2人…な時点でよくある男性向けの恋愛ものかなと想像していたのですが、予想を裏切られました…。

 

では本題へ

 

恋と嘘』とは

アプリ「マンガボックス」にて連載中の作品です。単行本は現在6巻まで発売中。

現在アニメが放送しており、また実写映画化も決まっており知名度が高まっています。

 

この先はネタバレを含みます!注意です!

 

気になった人は立ち読みからでもいいのでぜひこの作品に触れてみてください!

立ち読み部分で世界観はしっかりつかめます。book.dmm.com

 

恋と嘘』あらすじ

政府が決める相手と結婚しなければいけない、そんな国で主人公・根島 由佳吏(ねじまゆかり)は小学生の頃からずっと恋をしていました。

相手はクラスの中でもかわいいと言われている少女・高崎美咲。16歳になると来る「婚約者が記載された政府通知」が届く前に、と主人公は勇気を振り絞って美咲へ告白をします。実は二人は両想いで、主人公の初恋は叶いました。でもそのとき、主人公の前に政府の役員が現れ、主人公の婚約者の名前を告げられます。その名前は美咲ではありませんでした。

恋が叶ったのに別れなければいけない二人、そして主人公の婚約者となった真田莉々奈、主人公の友人である仁坂悠介…4人の不思議な関係の物語です。

f:id:book-hack:20170726145727p:plain

 

ありそうでなかった設定

この漫画の一番面白い部分といえば、「政府に決められたパートナーと結婚しなければいけない」という設定です。

遺伝子情報から最良のパートナーを国があてがってくれるのです。つまり離婚の可能性も低く、子供も優秀になると作中では言われています。ないようで現実味がある設定ですが、こんな設定はいままでありませんでした。

突飛な設定ではないのに、新しさを感じました。また作者さんの話づくりがこの設定をうまく活かしています。

「決められた婚約者と結婚しなければいけないのに主人公は別の子に恋をする」というのは、設定として想像がつきやすいものです。でも、主人公の婚約者がその恋を「ロマンチックだ」と応援していたり、その子に誘われ3人で遊んだり…と不思議な関係、予想外の展開へと話は進んでいきます。言ってみればライバルのような関係なのに、仲良くなってしまうのです。それがまたすごく面白いです!

f:id:book-hack:20170726145846p:plain

 

シリアスになれるのになりきらない物語

言ったように、初恋が叶ったというのに違う人物を婚約者としてあてがわれる世界です。この設定は、とことんシリアスに持っていくことがいくらでもできるお話なのに、作者のムサヲさんは決してそれをしません。

もちろんシリアスなシーンはありますが、主人公やそれをとりまくキャラクターの性格などから、コミカルに描かれ読んでいて辛さをあまり感じません。

主人公は古墳が好きでその話になると止まらなくなるし、ふとした時に出てくる「古墳」という単語にはついつい笑ってしまいます。ほかにも婚約者の莉々奈は一見きつい性格のようで、主人公と美咲の恋愛について「ロマンチック」だと目を輝かせます。そんなキャラクターたちの立ち回りがこの物語を読みやすくしていて、シリアスパートを引き立てています。作者さんの話づくりの上手さがよくわかります。

f:id:book-hack:20170726145817p:plain

 

平凡だけどよくある平凡じゃない

また主人公が平凡なようで、しっかりと美咲たちに好かれる要素を兼ね備えていることが私の中ではポイントが高かったです。しかもそれが「優しい」なんて単純でありふれたものではなく、「優しいけど、内気ですぐ行動に起こせずずーっと悩んで悩みぬいた末に行動する」ところなんです。

他にもいいところはあるんですが、ここが私にもかわいいと感じました。漫画で描かれる悩んでいる主人公の表情はすごくかわいいです。すぐに行動に移せないのか、と思うかもしれませんが、読んでみればその良さがわかると思います。でも可愛いだけではなく、内気でヘタレのようですが、しっかりと夢を持っていてそれを語るシーンはかっこよかったです。

 

女性にも読みやすい男性向け恋愛漫画

今回読んだ「恋と嘘」は、少年漫画でした。もちろん少年向け恋愛漫画に付き物のサービスシーンもしっかりありました。が、男1人に女子2人という関係性こそ少年漫画らしいものの、そのキャラクターたちの好意にはしっかりと理解できる理由があり、女性でもすらすら読める作品でした。

なにより、主人公の友人の仁坂くんが、実は主人公のことを好き、という部分…これは男性向けだとあり得ない要素ではないでしょうか。女性の一定の層が沸き立つ部分だなーと思った半面、そんなキャラクターもふくめた感情の動きが女性には読みやすいと思いました。

政府が結婚相手を決めてくる中、同性を好きっていうのは今私たちが生きている世界よりもかなり生きづらいよな…と考えるだけでしんどい気持ちになります…。

 ↓ちなみに3巻表紙の彼が仁坂くんです。book.dmm.com

アニメに実写とこれからどんどん賑わってくるジャンルだと思うので、みなさんも今のうちにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに実写映画はアナザーストーリーのようで、主人公は女の子のようです。(原作キャラとはおそらく無関係?主人公の名字が仁坂なのが気になる…)

book.dmm.com