女性に超オススメ!アニメ化決定の漫画『デビルズライン』のあらすじ紹介

 

f:id:book-hack:20170720160623p:plain

7月14日にTVアニメ化が発表された「デビルズライン」。

どんな作品なのかな?とレビューを見てみると評価は高いし何やら面白そう…。という事で、ちょっと読んでみました。

 

ダークな表紙イラストからは想像がつかなかった恋愛要素に、これは女性が読みたい漫画なのでは、と衝撃を受けたので記事にしました。面白い漫画です…。

 

 では本題へ

「デビルズライン」とは

月刊モーニングtwoにて連載中の青年向けコミックです。コミックスは現在9巻まで出ており、10巻は7月21日に発売予定です。アニメ化が発表されこれから注目されていくと予想できます。

 

「デビルズライン」あらすじ

吸血鬼がやったのでは、と言われるような殺人事件が続く中、ヒロインの平つかさはとある事件から主人公の人間と吸血鬼のハーフの青年・安斎裕貴と出会います。

その事件から二人は知り合い、お互いに惹かれていきます。ですが、人間の血に理性を失くす吸血鬼と、かよわい人間が寄り添って生きていくのは難しく、二人の関係は前途多難でした。また吸血鬼をせん滅しようとする組織の動きも。

そんな世界で二人はどう立ち向かっていくのか…という内容です。

f:id:book-hack:20170720160749p:plain

 

作者の花田陵さんはデビルズラインが初のコミックスのようで、1巻の絵にはまだ描きなれてないな、と思う部分が多々あります。表紙が綺麗だったので若干騙されたような感覚がありました。が、それを補って余りあるほど…話が面白い!

 

 

ありふれた「吸血鬼」という設定

吸血鬼ものの話は今ではあふれています。少女漫画だとヴァンパイア騎士だとか、少年漫画だとつい最近アニメ放送をしていたサーヴァンプなんかも吸血鬼もののようです。(知らなかった…)そんな使い古された題材ですが、「デビルズライン」は一線を画しています。

シンプルな人間と吸血鬼の対立の話ではあるのですが、よくあるような一緒に共存していくようにがんばる、なんて物語でもなければ、吸血鬼の怖くも美しい存在に魅了されるような内容でもありません。

 

「デビルズライン」は、さまざまなキャラクターの感情や生き方を描いた漫画です。

作中ではいろんな人物が登場します。吸血鬼だけど人間に恋をして、他人を殺すことで吸血衝動を我慢していた男、人間の夫の些細な言動から衝動を抑えきれなくなり暴力を振るってしまった吸血鬼の妻、吸血鬼を憎んでいる人間、吸血鬼のように恐ろしい人間…など。

みんな苦しんでいて、些細なものから大きなものまで誰かが悪いと言い切れない難しい事件が起きます。

それが読んでいて辛くもありますが、同時にとても面白いです。普通の人間同士ならなんでもなく過ごせることが、少しの制約を持たせるだけでこんなにも難しくなる。

吸血鬼という題材をここまで面白く仕上げてくる作者さんに、吸血鬼を強者にも弱者にも見せてくる作者さんの話づくりの上手さには感服です。

f:id:book-hack:20170720160820p:plain

 

また主人公の安斎もハーフという存在であり、鬼の衝動からは逃げられない存在でありながらも、ヒロインのつかさに惹かれていき苦悩することになります。同じくつかさも安斎を好きになってからは鬼との付き合い方に悩みながらも安斎を追いかけていきます。

いろんな人物の感情が絡まり、物語は面白く出来上がっています。

 

女性へのオススメポイント

一見難しそうな感じの内容を書いてしましましたが、恋愛経験が浅い主人公とヒロインに関してはもどかしくも可愛らしい恋愛をしております!

この部分は少女漫画に負けずも劣らずといった感じで、女性におすすめできます。漫画の内容も、ヒロインが主人公と言ってもおかしくない程度にはヒロイン目線が多いので女性でも読みやすいと思います。

強いて言えば血や殺人なんて言語が飛び交う世界観なので、グロい部分が多いところは女性向けではないかもしれません。進撃の巨人や東京喰種が好きなら大丈夫かも?あとは青年向けなだけあってアダルトな表現も多少はあるので、そこにもご注意を。

f:id:book-hack:20170720160838p:plain

 

心をつかまれる表現

作者さんの話づくりが上手いという話はしましたが、またスピード感もちょうどよくダレない展開が続きます。むしろ落ち着かせてくれないのでハラハラドキドキしたい人におすすめです!

そして、最初の方に絵があまり…といったことも書きましたが、確かに人物のデッサンがおかしい部分もあるんですが、この作者さんは表情を描くのが上手で、時々見せるキャラクターの顔にグッと心をつかまれます。もちろん巻数が増えるごとに絵も上達していき、表情や表現もどんどん良くなっていくのでますます作品にのめり込んでしまいます。

 

どんな漫画だろ、まあ読んでみるか…程度の気持ちだったのに、まさかの作品で驚きました。

やはり映画やアニメになる作品はハズレが少ないですね。これからもチェックしていきたいです!

 

ダークな世界観の胸キュン漫画、「デビルズライン」みなさんもぜひ読んでみてください!

 

7月27日までこちら で1巻が無料のようです…!これを機にぜひ読んでみてください!

book.dmm.com